中古パソコン・中古ノートパソコンの購入や買取について

要らなくなった中古パソコンを「買取」に出す方法

2018年06月26日 13時57分

パソコンを買い替えるときはもちろん、練習用にパソコンを購入したいというときにも中古パソコンがおすすめです。
そして、その一方で「要らなくなった中古パソコン」の処分をどうようかと思っているときには、中古パソコン専門店が提供している「中古パソコン買取サービス」をご利用ください。
 

◆中古パソコン買取サービスとは?

「中古パソコン買取サービス」とは、その名の通りすでに使用済みのパソコンを買取してもらい「現金化する」という方法です。
買取サービスを利用することで少額だったとしても現金を受け取ることができますし、無料査定を利用すれば複数業者それぞれの査定額を知ることができておすすめです。
デジタル家電であるパソコンは、古くなったからと言って普通のゴミと一緒に捨てて処分することができません。
そのため、費用をかけずに古いパソコンを処分しようと思ったら、買取サービスを利用されるのが一番です。
 

◆中古パソコンの買取査定額を左右する要素とは?

中古パソコンを取扱う専門店では、買取サービスを利用されるお客様に対して事前に「買取査定」を行っています。
ホームページ上からメーカー名や製品番号を選択すると査定最高金額が記載され、その後は対象機の状態をさらに詳しく入力します。
詳しい情報を入力すると査定減額分をはじめ、仮査定金額が自動的に表示されるようになっていますが、これはあくまでも仮査定金額ですので、中古パソコン本体に加え、購入時についていた付属品などを合わせて本査定に出すと買取額が増額するケースもあります。
中古パソコンの買取査定額はお店によって異なりますが、基本的にはパソコンのメーカーや年式、機種はもちろん、画面や動作の状態などのコンディションを総合的に評価して「商品ランク」が決められて査定を行っています。
中古パソコンのプロが買取査定額を計算しますが、やはり”「第一印象」の良し悪しは査定額を決める重要な要素になります。
そのため、本査定に出すまえには古いパソコンでも、出来るだけキレイな状態に「掃除」しておくことが大切ですし、いつか買取に出すことを踏まえて「パソコンを丁寧に扱う」ということを普段から意識することも大事です。
査定内容を確認して、買取申し込みを行ったあとは送られてくる確認メールの内容に沿って買取対象物品をお店に向けて発送します。
発送した中古パソコンがお店に届き本査定が完了すると、正式な査定金額についての連絡が入るので、最終的に買取に出すか否かを判断したのちに返答をします。
買取に出すと返答した後は、本査定金額が事前に指定した銀行口座に振り込まれるようになっています。
※中古パソコン買取サービスに関する詳しい流れや規定に関しては、各店舗に問い合わせください。
 

◆買取に出すまえにデータの消去やバックアップをしよう!

これは中古パソコンを買取に出すときだけでなく、処分するときにも言えることですが、中古パソコンの買取サービスを利用する前には、必ず「データの消去」や「バックアップ」をしておきましょう。
古いパソコンに個人情報や写真などのデータが残ったままであれば、買取に出す前にデータのバックアップを取る、DVDや大容量USBメモリなどにデータを移しておきます。
そして、データのバックアップを終えたら、検索ブラウザに保存されているメールアドレスやパスワードなどを消去し、その後は初期化をして重要なデータを消去しておきましょう。
最近は、中古パソコン買取の専門店が買取サービスだけでなく、「データの完全消去サービス」も提供していることが多いので、データの消去に関しては事前に各店舗に確認しておくと安心です。
 

あまりお金をかけずにパソコンを購入した向けには「中古パソコンの購入」、要らなくなった古いパソコンの処分にお困りの方には「中古パソコン買取サービス」のご利用をおすすめします。
パソコンの状態によって購入価格が変わりますし、古くなったパソコンの状態によっても買取査定額が異なるため、購入、そして買取の前には後悔しないためにも、気になることは事前によく確認して、分からないことはお店に直接問い合わせをし、きちんと納得した状態でサービスをご利用いただくことをおすすめします。